ブログで稼ぐ仕組みとは?『商品』と『広告枠』の2つから【適性診断】

ブログの始め方

こんにちは、KAIです。

プロ構成ライター、戦略コンサルタントをしています。

本記事で解決できる悩み

悩める人

「ブログってどんな仕組みで稼ぐの?」
「これからブログを始めてみたい!」
「初心者でもブログで稼げるか不安」

大丈夫です。こんな悩みを解決します。

著者の略歴

ACTION PLAN プロフィール
コピーライター歴8年、フリーランス歴4年。
これまで150を超える企業案件で、文章原稿を作成してきました。

記事を読むと

ブログで収益が発生する仕組みがわかる
アドセンスとアフィリエイトの違いがわかる

※本記事は『Googleの公式ページ』を参考に執筆しています。

これからブログ開設しようと考えている方は、以下の記事をご覧ください。
「【初心者向け】WordPressでブログの始め方【5ステップ徹底図説】」

※目次をクリックすると、該当箇所に移動します。

ブログで稼ぐ仕組みとは?

イメージ画像
結論からお伝えします。

ブログで稼ぐ仕組みには、3つのタイプがあります。

ブログで稼ぐ仕組み

① クリック課金型
② 成果報酬型
③ 固定掲載型

細かく分けるとほかにも種類はありますが、もっとも収益化しやすい3つに絞って解説します。

それぞれの「メリット」「デメリット」理解した上で、自分のブログにあう収益タイプを選びましょう。

「ブログ運営全体の仕組み」は以下の記事で解説しています。
【全体像が知りたい!】ブログの始め方をわかりやすく解説【初心者必見】

ブログで稼ぐ仕組み①クリック課金型

イメージ画像
ブログで稼ぐ方法として、もっとも定番の手法が『クリック課金型』広告です。

要は、『広告枠を売る』ことで報酬を得るという仕組みです。

よくウェブサイトを見ていると、こんな広告が表示されませんか?
ブログで稼ぐ仕組み

ブログの場合も同様で、自分のサイト上に『広告用の枠』を設置して、そこに企業の広告を掲載します。

掲載した広告が『クリック』されたら報酬が発生するので、『クリック課金型』広告といいます。

ちなみにクリック型課金広告の単価のことを『CPC(シーピーシー)』といいます。

CPCとは

CPC(Cost Per Click)=1クリックあたりの単価

広告を掲載する企業側は「1回クリックされるごとにいくら費用がかかるのか」を目安に広告の費用対効果を考えているというわけです。

「ブログ運営自体にかかる費用」は以下の記事で解説しています。
【月額1,000円】で始めるWordPressブログ【開設費用】

クリック型広告の代表例

ブログで稼ぐ仕組み
『クリック課金型』広告の代表例は『Googleアドセンス広告』です。

Googleアドセンス(グーグルアドセンス)とはウェブコンテンツの上に広告を表示するサービス。訪問者にとって関連性が高い広告を自動で表示できるのが特徴。利用は無料で、簡単に収益を得られる仕組みとなっている。
参考:「AdSenseとは何ですか?」GoogleAdSenseヘルプ

私のウェブサイトは『アドセンス広告』は掲載はしていませんが、審査は通過しているのでいつでも掲載できます。
ブログで稼ぐ仕組み

ちなみにGoogleアドセンスには、表示回数に応じて報酬が発生する『インプレッション型課金』広告もありますよ。

クリック課金型のメリット

クリック課金型のメリットは『だれでも稼げる』ことです。

具体的には次の通りです。

クリック課金型のメリット

・広告バナーや文章を作る必要がない
・読者ごとに最適な広告を掲載してくれる

自分で『ターゲット』を絞ったり、商品のことを調べて『セールスライティング』をしたりする必要がありません。

読者ごとに興味のある広告を割り当てて表示してくれるので、自動で稼ぐことができます。

クリック課金型のデメリット

クリック課金型のデメリットは、報酬額が低いことですね。

たとえば、Googleアドセンスの場合、クリック率の平均は1%ほどです。

ちなみに「プロが対策をしてようやくクリック率2%」だといわれています。

このエピソードを聞けば、この数字がいかにシビアか、理解できるのではないでしょうか?

クリック型課金で稼げる金額

また、1クリックあたりの平均単価は、1〜100円程度と幅はあります。

『Googleアドセンス』報酬目安として、

仮に、単価10円で、クリック率1%、月に10,000PVのサイトなら
→(10,000×1%)×10=1,000円

ですね。

PVとは

※PV(ページビュー)とは、ウェブサイト内のあるページが開かれた回数
ウェブサイトがどのくらい閲覧されているかを測るための最も一般的な指標のひとつ。

「10,000PVで1,000円」ほどと聞いて、どうですか?

だれでも簡単に始められて、稼げる。
ただし、だれでも達成できるPV数では、ほとんど稼ぎにならない。

そんな矛盾がありますね。

「アドセンスは初心者向け」や「アドセンスは上級者向け」と相反する意見がネット上で混在しているのはこのためでしょう。

「PVと記事ジャンル」は以下の記事で解説しています。
「特化ブログと雑記ブログの選び方【理想と現実】のギャップをチェック!」
【4タイプから診断】ブログ内容は目的から逆算して決めるべき

ブログで稼ぐ仕組み②成果報酬型

イメージ画像
ブログで稼ぐ方法、続いては『成果報酬型』広告です。

『成果報酬型』とは

「商品を売る」ことで報酬を得る仕組み

もう少し具体的に解説します。

成果報酬型の代表例

ブログで稼ぐ仕組み

成果報酬型広告の代表例は、『アフィリエイト』です。

アフィリエイトとは

ブログサイトで紹介されている「商品」や「サービス」の広告をクリックしたユーザーが、商品を購入やサービスの申込みをした時点で、広告主から報酬が支払われる広告の仕組み

よくウェブサイトで「おすすめの商品」を紹介されているページがありますね。
ブログで稼ぐ仕組み

このようにブログページから、提携している企業のサイトにリンクすることで、ブログ読者が商品に成約するように促しています。

アフィリエイトのメリット

アフィリエイトのメリットは「ノーリスク × ハイリターン」ですね。

初期投資がほぼゼロ。

なのにウェブの特性上、世界中から集客できるためレバレッジ(小さな努力で大きな成果をうむこと)が効きます。

さらに、いつでも・どこでも・だれでもできる手軽さと、やらない理由がありません。

「ブログ運営のメリット」は以下の記事で解説しています。
「ブログを始めるメリットって?【全人類】にオススメしたい9つの理由」
【副業の新定番!】ブログをおすすめする理由【稼ぐ仕組みは?メリットは?】

アフィリエイトのデメリット

いいコトづくめの「アフィリエイト」ですが、デメリットも存在します。

それは単にアクセスを集めるだけでなく、

・商品の価値を理解する
・商品の魅力を言語化する
・商品に興味のある読者を集める

必要があるからです。

クリック課金型よりも難易度は明らかに高いですね。

「WordPressブログの注意点やデメリット」は以下の記事で解説しています。
【世界シェア38%】WordPress(ワードプレス)の人気の理由に迫る!
【後悔する前に】ブログを始めるなら【絶対】知っておくべき9つの注意点
WordPressでブログを始めるメリット7つ&デメリット4つ

ブログで稼ぐ仕組み③固定掲載型

イメージ画像
最後に『固定掲載型』広告を紹介します。

形式上は、クリック型のGoogleアドセンスのように『広告枠』を売る仕組みです。

固定掲載とは

『固定掲載』の名の通り、ウェブサイトに一定の条件で契約して広告を掲載して、固定の広告料を獲得する仕組み

要は、自分のブログサイトが「広告主」や「ASP」に価値があると認められた場合に、契約が打診されるわけですね。

難易度はもっとも高いです。

おまけ:ブログで稼ぐ仕組みを理解したら、まずはASPに登録しよう


ここまで、ブログで稼ぐ仕組みを整理してお伝えしました。

おそらく『アフィリエイト』に強い興味が湧いているのではないでしょうか?

おすすめASP3選

詳しい紹介は別の記事でする予定ですが、とりあえず王道のASPを3つご紹介します。

①ASPによって広告主が違う
②ASPによって報酬額が違う
③どのASPも審査・登録は無料

ので、とりあえず複数登録しておくべきです。

以下の3つはジャンルに偏りがないため、まず最初に登録しておくべきASPです。

いわゆる万能型のASPですよ。

ASPに登録するには、「ブログサイト」と「報酬受け取り用の口座」が必要です。

もしもブログサイトの開設がまだの方は以下の記事をご覧ください。

ブログ開設から記事投稿までの手順を、”全行程を図説入り”で解説しています。

「【初心者向け】WordPressでブログの始め方【5ステップ徹底図説】」

著者アイコン

KAI
「以上です。お疲れ様でした!」

参考
「バリューコマースアフィリエイト」バリューコマース
「アフィリエイト種類一覧・初心者におすすめは?」KAGOYA JAPAN
「PV数でわかるブロガー番付|あなたのブログはどのレベル?」ブログ部
「PVとは?ページビュー数の意味やカウント方法について」ナイルのSEO相談室