本質を見抜く3つの視点と思考法【VUCA時代をあなたはどう生きるのか】

論理的な考え方

こんにちは、KAIです。

プロ構成ライター、戦略コンサルタントをしています。

本記事で解決できる悩み

悩める人

「本質的な思考ってどういうこと?」
「辞書で調べても本質の意味がわからない」
「本質を見抜けるようになりたい」

大丈夫です。こんな悩みを解決します。

著者の略歴

ACTION PLAN プロフィール
これまで150を超える企業案件で、論理的な提案をしてきました。

記事を読むと

本質とはなにかがわかる
本質を見抜く思考法が具体的にわかる

※目次をクリックすると、該当箇所に移動します。

本質を見抜く思考とは?3つの視点を図説

イメージ画像結論からお伝えします。

本質を見抜く思考法には、3つの視点が必要です。

本質を見抜く3つの視点

①視点の高さ
②視点の広さ
③視点の深さ

理由は、本質が現象の根底にある構造であるため、表面からは見えにくいからです。

本質的思考

正確に本質を見抜く思考を理解するために、まず「本質」そのものの意味を定義しておきます。

本質とは「見えないものを見る」思考力

本質とは現象の根底にある構造のことです。

辞書の意味も確認します。


本質とは?

①物事の本来の性質や姿。それなしにはその物が存在し得ない性質・要素。
②現象学では、本質直観によってとらえられる事象の形相。 
(一部抜粋)
参考「本質」 - 三省堂大辞林第三版(weblio辞書)

見慣れない言葉が、文末にありますね。

形相とは?

①物のかたち。すがた。ぎょうそう。
②ある事象を他のものと区別させ、それを存在させるのに不可欠な事象の本質的な存在構造。
参考「形相」 - 三省堂大辞林第三版(weblio辞書)

「けいそう」と読みます。

存在に不可欠な事象の本質的な存在構造です。

あるいは英語から考えると理解しやすいかもしれません。

essenceとは?

(ものの)本質、真髄、根本的要素
参考「essence」 - 研究社 新英和中辞典(weblio辞書)

辞書の意味も確認した上で、本質の意味をおさらいしておきます。

「本質とは現象の根底にある構造のこと」ですね。

短い文章ですが、正確に理解しましょう。

・現象の根底にあるため、表面からは見えにくい
・現象の根底なので、ないと現象が成立しない
・構造なので、2つ以上の関係を含んでいる

本質的な思考法に3つの視点が必要な理由

イメージ画像
それでは本題に戻ります。

本質を見抜く思考法には3つの視点が必要だとお伝えしました。

本質を見抜く思考法

①視点の高さ
②視点の広さ
③視点の深さ

その理由は、本質が現象の根底にある構造であるため、表面からは見えにくいからです。
本質的思考

そこでもう少し具体的に、以下のポイントにそった思考が必要です。

①視点の高さ:マクロとミクロ
②視点の広さ:私とあなた、現在と未来
③視点の深さ:原因と結果

①視点の高さ:マクロとミクロ

本質的思考

表面から見えないものを見るために、まず視点の高さを変えることが必要です。

視点の高さを変えるには、マクロとミクロという考え方が有効です。

マクロ:俯瞰すること
ミクロ:部分にフォーカスすること

例)鳥の目、虫の目
  神の視点

たとえば、和菓子屋さんの場合。

だれに和菓子を売るか、つまり「人」という基準がひとつあります。

しかし、視点をあげるとどうでしょう。

どこで売るか、「国」に階層があがることで、これまで見えていなかった販路の可能性に気づくことができます。

「神の視点」と表現する方がイメージしやすいかもしれません。

マクロ的な思考法については以下の記事をご覧ください。
「メタ思考とは?絶対に気づくべき思考の癖」

②視点の広さ:私とあなた、現在と未来

本質的思考

つぎに視点の広さも変えてみます。

視点の広さを変えるには、「私」の立場から、対極の「あなた」の立場にシフトさせます。

また、「現在」から「未来」へと見通しを立てるのも有効です。

私とあなた:立場を真逆にしてみる
現在と未来:さきまで見通してみる

例)コウモリの目、魚の目

「私とあなた」はたとえば、さきほどの和菓子屋さんの場合。

運動量の多いスポーツ選手にとって、和菓子はおいしいだけでなくエネルギー源にもなります。
しかし、逆にダイエット中の人にとっては、和菓子は減量の敵ですね。

スポーツ選手:運動の味方
ダイエット中:減量の敵

同じものを見ていても、立場によって見え方が変わります。

真逆の視点でみることで、広い思考がうまれます。

「現在と未来」はたとえば、和菓子を販売することの価値を考えます。

もちろん、おいしいものを提供することは、目に見える価値です。

しかし、1回1回の提供を積み重ねることによって、その先には「日本の伝統を守る」という価値にもつながります。

いま:商品を売る
未来:日本の伝統を守る

短期ではなく、中長期的な視点をもつことも、本質的な思考には重要です。

③視点の深さ:原因と結果

本質的思考

最後が、視点の深さです。

表面的にあらわれた結果だけでなく、その原因まで思考を巡らすことです。

いわゆる因果関係を把握することです。

目に見えない深層部分:Aという原因によって
目に見える表面部分:Bという結果になった

つまり、原因がなければ、結果は起こりません。

因果関係は必ず原因が先、結果が後

本質も同様です。

本質的な構造が原因としてあるから、結果として現象が起こる

逆はありません。

「なぜこの現象が起こったのか」という原因や理由を掘り下げて考えることが、本質を見抜く思考には不可欠です。

因果関係については以下の記事で解説しています。
論理的に考えるには?【因果関係】を見つけよう!

本質を見抜く思考を武器にVUCA時代を生きる

イメージ画像

本質の意味は理解したけれど、そもそもなぜ本質を見抜く思考が必要なのか?

その答えとして、この問いを送ります。

VUCA時代にあなたはどう生きるのか?

VUCA(ブーカ)という言葉をご存知ですか?

VUCAとは

・Volatility(変動性)
・Uncertainty(不確実性)
・Complexity(複雑性)
・Ambiguity(曖昧性)


の頭文字をとって、現代の激しい変化を象徴した言葉です。

「いまの変化が激しい時代に『絶対』なんてない」

という意味です。

この10年のテクノロジーの変化を考えれば明らかですね。

とくにGAFAといわれるIT企業によって暮らしは一変しました。

GAFAとは

・Google
・Amazon
・Facebook
・Apple
の頭文字をとった総称

日々うまれる新しいサービスとともに、一過性の知識や価値がうまれては消えていきます。

「変化が激しすぎて、日々アップデートすることに息が詰まる」
「自分のスキルがITに置き換えられないか、不安にさいなまれる」

そんな不安はだれもが少なからず抱えているでしょう。

ただでさえ「人生」には答えがありません。

なのにVUCAとよばれるこの時代をどう生きていけば良いのでしょうか?



正解のない問いに、答えは出せる。

思考力、とくに本質を見抜く思考力は、VUCA時代にこそ真価を発揮します。

現象の根底にある本質そのものを見抜く力は、いつの時代も求められるスキルだからです。

より複雑で、未来が見通せないこれからの時代にこそ、求められるスキルでしょう。

本質をとらえる思考を効率的に身につけるには

イメージ画像
思考力を効率よくアップするには、客観性が重要です。

思考の正しさを自分自身では判断できないため、『論理的思考』が重要視されるのです。

具体的に3つの学び方を紹介します。

3つの学び方

①講師や本から学ぶ
②他人からフィードバックをもらう
③ゼロから自分で経験する

シンプルです。

客観性については以下の記事で解説しています。
客観的な思考とは?『置き換え』でスッキリ解決!

論理的思考については以下の記事で解説しています。
論理的思考とは?結論を導くプロセスを【徹底図説】
論理的に考えるには?【因果関係】を見つけよう!

①講師や本から学ぶ

まずは『講師や本から学ぶ』です。

自分より詳しい人から学ぶのが、もっとも効率的で正確です。

部分的にでも人から学ぶことで、思考の基準も自分の中につくれます。

コストを自己投資と捉えられるかが論点ですね。

仮説と論点については以下の記事で解説しています。
論点思考とは?【本当に解くべき問い】を見極めて『生産性』を上げる

②他人からフィードバックをもらう

次が『②他人からフィードバックをもらう』です。

客観性だけでいえば、家族や友人に意見をもらうのも有効です。

ただし、その意見が適切かはだれも判断できないので、半ば運まかせになるため、学びの土台にするのはおすすめしません。

③ゼロから自分で経験する

もちろん『③ゼロから自分で経験する』という選択肢もあります。

一定量の経験があれば、自分の出した答えに自信も感じられますね。

ただし、ゼロからはあまりに時間がかかり過ぎ、頭も無駄に使うことになるので、基本的な知識を学んだ上で、時間と思考力は本当に必要なところで使いましょう。

著者からのメッセージ

本サイトでは次のような指針でコンテンツを作成しています。

本サイトの指針

読者の腑に落ちる伝え方
整理された本質的な内容

これからお伝えするのは読者の方への『エール』です。

気づきは疑問に変わる。
疑問は興味に変わる。
興味は思考に変わる。
思考は知識に変わる。
知識は選択肢に変わる。
選択肢は行動に変わる。
行動は人生に変わる。


「ブログで得た『気づき』が考えるきっかけになり、選択肢が増え、行動につながる」ようになれば、幸いです。

【まとめ】本質的な思考を身につけるために

イメージ画像
本質とは現象の根底にある構造のことです。

本質の特徴

現象の根底にあるため、表面からは見えにくい
現象の根底なので、ないと現象が成立しない
構造なので、2つ以上の関係を含んでいる

本質を見抜く思考法には3つの視点が必要です。

本質を見抜く思考法

①視点の高さ
②視点の広さ
③視点の深さ

その理由は、本質が現象の根底にある構造であるため、表面からは見えにくいからです。

①視点の高さ:マクロとミクロ
②視点の広さ:私とあなた、現在と未来
③視点の深さ:原因と結果

このようなポイントも思考にしてみてください。

また、思考法を「体系的」に学べる『グロービス学び放題』もおすすめです。

「グロービス学び放題」は以下の記事で解説しています。
【キャンペーン情報も】グロービス学び放題の全体像【まとめ】
【口コミ30選まとめ】グロービス学び放題の評判ってどうなの?
動画学習サービス5選【徹底比較】グロービス学び放題はどんな人におすすめ?
【全6タイプを網羅】グロービス学び放題の料金プランの選び方【一覧表】

著者アイコン

KAI
「以上です。お疲れ様でした!」

参考
・「VUCA時代、リーダーに重要な4つの言葉」日経新聞
・「優秀な人ほど損する? 予測不能なVUCA時代の出世術」NIKKEI STYLE